不倫サレ妻が取りがちな行動と自我の防衛機制

夫に不倫・浮気されたとき

ID-100111764

夫の不倫に悩む女性は沢山います。

夫の不倫が発覚しパニックになった時

サレ妻さんたちの取る行動は、大体似ています。

 

まずインターネットで検索し、どうしたらいいのかを探しまくります。

 

同じく不倫された人のブログ、カウンセラー、離婚相談所など…

いろいろな情報に共感したり、不安になったりしながら

 

あの時の私のこういう態度が悪かったのかな…

ああしてあげなかったのが、夫を走らせてしまったのかな…

 

ショック、悲しみ、後悔、焦り、怒り、絶望…

でも、これらのやりきれない感情たちの根底にあるもの…

それは、否定されたという思いです。

 

不倫によって否定された、二人の関係。

不倫によって否定された、二人の家庭。

不倫によって否定された、私自身。

 

人は、自分が受け止められないくらい辛い感情に出会うと

自我が自分自身を守るために様々な防衛機制を使います。

 

♦夫が不倫したのは自分のせい、と自分を攻め続ける人。

♦夫を自分以上に苦しませてやる、と復讐に心を燃やす人。

♦内面はすごく傷ついているのに、元気に振る舞う人。

♦不倫されたという事実を受け入れない人。

♦自分の方が夫のことを嫌いだったということにする人。

♦不倫相手の女性が自分を憎んでいると思う人。

♦セミナーなどで、同じサレ妻さんたちとつながって

「もう私は大丈夫!夫なんかいなくてもシアワセよ!」と

自分だけ輝き妻になってしまう人

 

これらは、自分が傷つかないようにしようとする、自我の必死の防衛ですが

残念ながら、これでは本当の解決にはなりません。

 

不倫によってダメージを受け、傷ついた心が癒されない限り

たとえ形だけ離婚を回避して、夫婦を維持したとしても

本当の意味で幸せにはなれません。

 

また「とにかく離婚してしまいなさい!スッキリするわよ」

というアドバイスに従って離婚したとしても、それで心が癒される訳ではなく

ただ「忘れたふり」をしているだけなんですね。

 

心の中で泣いている自分を、無視し続けてはいけません。

 

ここを解決しないと、再婚して良い人に出会っても

数年後に、やはり問題が生じてくるのです。

 

「夫の不倫」という現象を通して

あなたが本当の自分自身と向き合うことができたなら

それは「災い転じて福となる」と言えるでしょう。

 

本当の夫婦修復は簡単ではありません。

 

あなた自身の、深い自己理解と自己受容があってこそ

本当の意味で相手を理解し愛することができるのです。

 

夫との愛の絆を感じられないまま

なんとか離婚を回避したとしても

それは砂の上の城のようなものです。

 

その意味で、修復が目標なのではなく

絆を形成することが本当の目標だということです。

 

♥リリーのカウンセリングについてもっと知る

♥無料メール講座を購読する

Posted by Happycounseling


PAGE TOP