夫が既読スルーしたくなる妻からのメッセージとは?

旦那さんと何気ない日常会話を楽しみたいのに、必要最低限のことしか話してくれず、会話が続かない…

気持ちを込めて送ったラインのメッセージも、そっけない返事しかくれないし、時には既読スルーされてしまうことも…

こんな時、「ああ、夫はもう私に関心がないのかな」と感じてしまいませんか?

不安ばかりが募って、もっとメッセージを送ってしまったり…

でも、あなたがそうすればするほど、旦那さんの心は遠ざかっていくかもしれません。

こんな時、どうしたらいいのでしょうか?

男性と女性では、求めているものが違う

まず、あなた自身の心に問いかけてみましょう。

あなたは旦那さんとのやりとりの中で、何を得たいと感じていますか?

それは多分、繋がっているという安心感だったり、愛され関心を持たれているという満足感かもしれません。

話の内容それ自体よりも、コミュニケーションを通して心の交流をしたい、愛を確認したい、と感じているのではないでしょうか?

 

ここで男性と女性の、コミュニケーションに対する認識の違いについてみてみましょう。

男性にとっては、言葉はインフォメーション(情報)であり、会話はそれによって知識や情報を伝達するものである、という側面が強いのです。

男性同士の会話は至って簡潔であり、長話するときは、何か特定の具体的な主題について話し合う場合がほとんどです。

これに対して女性は、会話を通して気持ちをわかってもらうことで、ストレスを発散し、心の安定と活力を得ています。

両者のコミュニケーションで重要視されるキーワードは、

男性の場合は、事実・情報・知識・論理・問題解決であるのに対して、

女性の場合は、気持・理解・共感・受容・交流などと言えるでしょう

夫が既読スルーしたくなる4つのパターンとは?

さて、旦那さんが既読スルーしたくなるメッセージとは、どんなものでしょうか?

具体的に見ていきましょう。

1.何を望んでいるのかよくわからない

旦那さんに「今買い物してる」など、日常の何気ない行動をラインしたとき、既読スルーされたことはありませんか?

女友だちなら、すかさず「どこで買い物してるの?」「何を買うの?」などと関心を示してくれますが、男性はこんな時、「それがどうしたの?」と感じてしまいます。

この時の旦那さんのホンネを言葉にしてみると…

妻「今買い物してる」

夫「ふーん、それで? そもそも何でそんなことを俺に伝えてくるの? 俺に何を期待しているの?」

という思考になりがちです。

旦那さんの中では、あなたがメッセージを送る目的がよくわからないため、どう反応していいかわからず、そのままスルーしてしまうのです。

2.心配してほしい下心が見えている

妻「この頃、よく眠れないし食欲もないの…」

あなたはただ、「大丈夫?」と心配してもらいたいだけなのに、旦那さんから何の反応もないと、ガッカリしてしまいますよね。

こういう時旦那さんは、「具合が悪いなら、早く医者にいったら? 俺にどうしろというの?」と思ってしまうのです。

妻が体調が悪いと、不機嫌になる旦那さんが多いのは、妻にはいつも元気で笑顔でいてほしい、という男性特有の甘えかもしれません。

「眠れないし食欲もない」という事実を伝えながも、「だから今日は少しゆっくりするわ」「後で病院に行ってみるわね」など、それに対する対策案を提示すれば、夫は安心します。

「私のことを心配して…」という下心が見えるメッセージには、男性は引いてしまうのです。

3.相手に要求している

あなたが感動した音楽や動画を、旦那さんにもシェアしたくなることがありますよね。

もちろん、それを送ることは自由ですし、旦那さんも喜ぶかもしれません。

でも、旦那さんがそれを見なかったときのあなたの反応が大切です。

「まだ見てないの?」などと催促すると、相手は負担を感じます。

忙しい時は、たとえ少しの時間だとしても、そのコンテンツを見るために割く時間が惜しい場合もあります。

その度にあなたが失望していたら、旦那さんはあなたから何かが送られてくると、身構えてしまいます。

初めから「送ったものを相手が見ようが見まいが、相手の自由」という姿勢でいるべきです。

4.暗に相手を非難している

「この頃、すぐに返信してくれないよね」などとという言い方は、非難がましいメッセージとして捉えられがちです。

旦那さんは「やってくれないあなたは悪い」と、悪者にされた気がしてしまいます。

むしろ「○○してくれる?」「○○してくれたら嬉しい」と、ストレートに頼むのが効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

妻は夫との何気ないやりとりを通して安心したいだけだとしても、それが逆効果になってしまうこともあります。

特に夫は、妻が満たされていない様子を感じると、それを満たすのが自分の責任と感じて気が重くなり、身構えてしまいます。

妻が夫に望んでいることは、マメに返信するなど、実に些細なことであったとしても、大抵の旦那さんたちにはなかなかそれができません。

男性は、もともと会話で愛を確かめようとはあまり思わないからです。(ただし恋愛中は別です。)

旦那さんの既読スルーに落ち込んだり、無視されたと腹を立てるより、既読スルーされないような用件のはっきりしたメッセージだけを送るようにするのはいかがでしょうか?

既読スルーされても、あなたが平気でいるのがわかれば、旦那さんも負担を感じないですみます。

返信してもいいし、しなくてもいい。

そういう自由を与えることで、旦那さんもリラックスしてあなたとのコミュニケーションを楽しむことができるはずです。

 

♥リリーのカウンセリングについてもっと知る

♥無料メール講座を購読する