リリー夫婦相談室へようこそ

2016年12月13日

600x400

あなたは、今までの人生で

本当の夫婦愛を味わってみましたか?

離婚は最後の手段です。まだ諦めないで!

離婚率40パーセント時代。夫婦の愛を守り抜くには?  

はじめまして。リリー夫婦相談室代表の杉谷さゆりと申します。

愛する人と幸せな家庭を築きたい。

だれもが願う理想です。

でも永遠の愛を誓ったはずの夫婦にも、様々な試練が待ち受けています。

日本でも、今や3組に1組が離婚する時代。

遠からず離婚率40パーセント時代に突入すると言われています。

離婚は、その後のあなたの人生や、子供さんたちの未来にも、大きな影響を与えます。

離婚を決める前にもう一度、夫婦関係修復に本気で取り組んでみませんか?

参考記事離婚すべきかどうか悩む時に、読んでほしいアドバイス

愛し合っていた夫婦が、すれ違っていくのはなぜ?

大恋愛の末に結婚した夫婦でも、長年一緒に暮らすと、合わなくなっていきます。

離婚理由を見ると、「性格の不一致」が男女ともにダントツ一位。

長年にわたる心のすれ違いが、離婚の原因となっていくのです。

  男性 女性
1位 性格の不一致(63.5%) 性格の不一致(44.4%)
2位 精神的に虐待する(17.4%) 生活費を渡さない(27.5%) 
3位 異性関係(15.5%) 精神的に虐待する(24.9%) 

(2013年 司法統計)

62b133109b3bfb94e8b17cc26bfe26ed_s

今は冷め切った夫婦でも、恋愛時代にはお互いの気持ちを大切にし、相手に尽くすことに喜びを感じていたはず。

ところが結婚して3年も経つと、恋愛時代の情熱も冷め、夫婦はもはや恋人というよりは、家族になっていきます。

夫婦は日常を共にする関係なので、徐々に慣れ合いとなっていき、互いに本来の性格や習慣をさらけ出して接するようになるのです。

だんだん相手の長所よりも短所が目につくようになり、一緒にいることが苦痛になることもあるでしょう。

理想と現実とのギャップに、「こんなはずではなかった」と悩んではいませんか?

満たされない心を抱えたまま、葛藤と我慢を重ねていても、相手に対する信頼がますます失われていくばかりです。

離婚を回避し、夫婦の信頼関係を回復することで、本当の夫婦の絆を構築していくにはどうしたらよいのでしょうか?

こんな悩みを放っておいては危ない!

夫婦の問題は、ガンなどの生活習慣病によく似ています。

ストレスや偏った食生活など、不健康な生活習慣の積み重ねは、何年もかけて病気をジワジワ進行させ、気づいた時にはすでに手遅れに…ということがよくあります。

夫婦関係においても同様で、日常の小さなすれ違いを放っておくうちに、お互いの心がすっかり冷めきってしまい、そのままでは離婚へとまっしぐら、ということになってしまいます。

特に夫婦の問題は、「時が解決してくれる」ことを期待してはいけません。

放置しておけば、どんどん悪化していきます。

問題の芽がまだ小さいうちに、早期治療に取り組むことが、夫婦関係修復の早道です。

id-10027757

 あなたの家庭は大丈夫? 夫婦関係チェックリスト

下の項目で、現在のあなたに当てはまると思うものがあれば、今すぐ夫婦関係を見直すべきです。

♦夫とは、必要最低限の会話しかしない。

♦ちょっとしたことで、すぐ口論になる。 

♦夫と一緒にいると、なぜか落ち着かない。 

♦夫に愛されている実感が持てない。 

♦夫が何を考えているのか、わからない。

♦夫と居ると、理由もなくイライラする。

♦いつも同じようなパターンで夫婦喧嘩になる。

♦夫に関心がなくなった。

♦セックスレスが一年以上続いている。

♦夫の不機嫌な姿に嫌気がさしている。 

♦夫から無視されたりバカにされ、傷ついている。

♦夫から精神的・肉体的な暴力を振るわれている。

e6a7fb68514a27113d2b571ab25e6de8_s

また、次のようなサインが見えたら、旦那さまが不倫している可能性が高いかもしれません。

♦最近夫の帰りが遅くなり、深夜越えすることもある。

♦態度や言葉がよそよそしく、冷たくなった。

♦以前より身だしなみに気を遣うようになった。

♦何か話そうとすると、夫に話をさえぎられる。

♦しょっちゅう誰かとメールのやり取りをしている。

♦出張、と言って外泊することが多くなった。

♦離婚してほしいと言われた。

1

 

あなたが今、できる努力とは何でしょうか?

「このままではいけない」と心が焦るばかりで、具体的にどのような努力をすればよいのかわからない…。

誰に相談したらよいのかもわからずに、お一人で悩んではいませんか? 

夫婦修復には法則があります。

それを知らないままに自分なりに努力をしたとしても、それは地図もGPSもないまま、目的地にたどり着こうとするようなものです。

夫婦関係が壊れたのには必ず原因があります。

原因を知り、それを直すための正しい処方箋なしには、いくら努力しても望む結果を出すのは難しいといえます。

離婚カウンセラーや探偵事務所を訪ねても、有利な離婚条件や法的手続き、不倫の事実を確認する意味では役立ちますが、夫婦関係を根本的に修復する方法については、表面的なアドバイスしか受けることができません。

また、法的なことを持ち込むと、夫婦の修復はもっと難しくなってしまいます。

夫婦関係修復にフォーカスした、正確なアドバイスを提供できる専門カウンセラーに相談することが大切です。

リリーのカウンセリングについて詳しく知る

夫婦関係を再構築するための無料メール講座に登録する↓


 夫婦の不和や離婚は、子供さんたちの心を傷つけます

夫婦a0f9782fa92cf58e9aa11ffe478106f5_sの不和や離婚によって最も傷つくのは、子供たちです。

子供は、親が考えているよりも、ずっと敏感です。

どんなに表向きを繕ったとしても、両親の愛が本物かどうかを、子供は本能的に見破ってしまいます。

夫婦仲が悪くて、両親がしょっちゅう喧嘩をし、お互いにののしり合ったり、無視したり、傷つけあっている家庭では、子供たちは安心して暮らすことができません。

強いストレスにさらされて心が不安定になり、反抗・無気力・不登校・ひきこもり・うつ・自傷行為などに陥りやすくなります。

また両親が仮面夫婦で、表面上はぶつからなくても、心の中で相手を否定している場合、子供は親を信じられなり、人間不信に陥ります。

親の夫婦仲が悪いと、子供は温かな家庭のイメージを持つことができず、結婚に対してネガティブなイメージを持ちやすくなり、結局は親と同じような夫婦関係を築いてしまう場合が多いのです。

参考記事親子関係で作られたシナリオが夫婦関係を支配する

夫婦関係の法則を知り、問題を根本から解決するには

人間関係を良くしたいなら、人間関係の法則に従わなければなりません。

中でも夫婦関係は、一般の人間関係以上に難しく複雑であるため、次のことを知っておく必要があります。

まず、夫婦関係においては、顕在意識よりも潜在意識が強く作用します。

潜在意識とは、あなた自身は自覚できないけれども、心の大部分を占めている部分で、過去の全ての記憶や、表出されなかった感情、事物に対するイメージや、信念などが貯蔵されています。

あなたの感情や無意識の行動は、実はこの潜在意識から来ていることがほとんどです。

breakup-908714_960_720

夫婦は普段から一緒に生活しているため、頭でいちいち考えて行動するよりも、潜在意識からくる衝動や習慣に従って行動しています。

ですから、いくら顕在意識では夫婦円満を願っていても、潜在意識から来る抑えきれない感情や衝動に飲み込まれて、葛藤や喧嘩が起こってしまいます。

これを防ぐためには、カウンセリングによってあなた自身の潜在意識に向き合い、夫婦関係を難しくしている要因を取り除いていかなければなりません。

マニュアル本や、小手先のテクニックだけでは、夫婦関係を根底から改善できないのはそのためです。

また潜在意識の世界には、親との関係が強い影響を及ぼしています。

さらに遡って親のまた親など、親子三代にわたる生き様や人間関係が、色濃く影響してきます。

リリーのカウンセリングでは、夫婦問題が起こる根本原因を知るために、親子関係や家系にアプローチしていきます。

参考記事:夫婦が出会った本当の理由と、あなたに願われていること

性格の不一致は、男女脳の違いから来る場合がほとんど

夫婦のすれ違いの大部分は、男女脳の違い知らないことから起こってきます。

男性と女性では、胎児期から既に脳の配線と働き方が違います。

わかりやすく言うと、見た目は同じようなコンピューターであっても、そこにどんなプログラムが入っているかによって、全く違う画面が出て来るようなものです。

919bef8573b9b72310ad641cdb25f994_s

また、全身を流れるホルモンも違うため、当然のように感情・思考・行動に違いが生じてきます。

男性の脳でいくら考えても、女性の心と行動を理解することは難しく、その逆もまた然りです。

ところが遺伝子は、生物学的に優秀な子孫を残すために、正反対の相手に惹かれるように作用します。

恋愛時代には魅力に見えた相手の特徴が、結婚してしばらく経つとイヤな面に見えてきて、「こんなはずではなかった」ということになるのは、そのためです。

男女脳の根本的な違いを正しく認識することは、夫婦がお互いを理解する上で、とても大切なことなのです。

愛着と信頼を育て、本当の夫婦の絆を結べるように

恋愛感情が冷めた後に、夫婦を結び付けるものは何でしょうか?

それは「愛着」と呼ばれる、恋愛感情とは違う形の愛です。

18e779f66e8562d166fa6967c542af8a_s

愛着とは、安心感・つながり・絆とも言えるものです。

互いへの信頼に根差した強い愛着こそが「夫婦の絆」です。

強い絆で結ばれた夫婦は、人生の様々な試練さえも、愛の力で越えていくことができます。

年をとればとるほど、一緒に越えてきた年月が夫婦をさらに結びつけ、誰とも代えることのできない人生の同伴者としての価値を、お互いに感じるようになるのです。

夫婦の関係が円満であると、幸せや富、子孫の繁栄など、あらゆる良いことが引き寄せられてきます。

また、親や先祖たちの愛の恨みが清算され、家系の運勢はますます高まっていきます。

リリー相談室に出来ること

リリー夫婦相談室では、夫婦を科学的・心理学的・家系的な側面から見つめていきます。

カウンセリングを通して、顕在意識と潜在意識に働きかけ、具体的な行動へのアドバイスを行っています。

詳しくは、リリーのカウンセリングをご覧ください。

リリーは、あなたの家庭が愛に満ち溢れることを、心から願っています。

id-10034273

Posted by Happycounseling